兼業主婦の楽しむアフィリエイト

2013年02月18日

自分の得意と苦手を考えた。レビューは苦手かもしれない。

The Design Process * InvestigationThe Design Process * Investigation / Jordanhill School D&T Dept


わたしは多分レビューよりも、調べたことをわかりやすくまとめるということの方が好きだし、得意な気がする。

ウェブで文章を書きはじめた最初のころは、素人が新しい有益な情報として提供できるのはレビューしかないと思ってた(アフィリエイトをはじめる前から)。だから、自己満足の日記以外はレビューしか書かなかった。

でも、わからないことを調べて→さらに腑に落ちない点を調べて、で、わかったことをまとめると、人が見に来てくれる。(もちろん、出典・参考リンクは必ず掲載。)

これとか⇒高級ジーンズを上手に色落ちさせるコツ&洗濯・お手入れ方法を調べた。

既にウェブ上にある情報なんだけど、散らばっている情報を集めて、自分の頭で再構成して出すっていうことでも新しい価値を生み出せるんだなぁと。

個人的な好みとして、調べてまとめる作業の方が好き。時間がかかっても億劫に感じないというか。

世の中には、なんとなく腑に落ちない/全体像が見えない文章がいっぱいあって(気になるポイントが自分と違ったりして)、それを自分で調査して自分が納得できる形(文章)にまとめ直すっていうのはそういえば学生のころから好きだったなぁ。

もちろんこれからもレビューはしていくけど、自認した方が楽になれそうなのでレビュー苦手って認めます。苦手と認めたうえで、そのぶん人よりがんばったり、肩の力を抜ける方法を模索したりすればいいんだ。



2013年02月14日

アフィリエイトを導入しているサイト(ブログ)のタイプについて考えていました。

アフィリエイトを導入しているサイト(ブログ)って色んなタイプがあるなーって思って、特徴とか向き不向きとかを考えていました。


Winners of the International 2008 Information Style AwardWinners of the International 2008 Information Style Award / Wonderlane


● 情報サイト
内容: 情報(+内部ブログ)。
特徴: 一定規模以上の情報量。
向いてる人:
 特定の分野について知識が豊富な人。
 しくみを考えるのが得意な人(プログラミング等の技術+アイデア)。


● ミニサイト
内容: 絞ったテーマについて必要な情報・レビューを提供。
特徴: ある程度の記事数で完結する点。
向いてる人:
 これとこれとこれについて書けば完成!という組み立てができる人。
 一定のニーズがありなおかつ現状Webに有益な情報が少ないテーマを見つけられる人。


● 人気ブログ
内容: ファンが一定以上いるブログ。
特徴: 頻繁な記事更新。
向いてる人:
 アイドル性、カリスマ性がある人。
 個性的、魅力的な文章を書く人。
 記事を書くのが速い(たくさん記事を書ける)人。



こうしてわたしなりにタイプを洗い出してみると・・・
まーどれも向いてないんだ (>_<)

情報サイトはいきなり目指すにはハードルが高すぎる。人気ブログも難しい(地道に続けていても記事を書くスピードが速くならない私には向いてない)。

ミニサイトはいくつか作ってみたけど、わたしなりにそれなりに有益な情報を載せてるつもりだけど、ニーズが小さすぎて切ない、とか、ニーズあると思うけど、検索順位低すぎてその情報を必要としている人に届いてないなーとか。。。

で、いまどんな感じで新しいサイト(ブログ)を作っているかというと、こんな感じ↓



● 半サイト半ブログ
内容: 絞ったテーマについて必要な情報・レビューを提供 + 関連するネタをときどきポスト。



このスタイルで、ある程度の人に見に来てもらえる場所に育てられたらいいなーと思いながら記事を書いていますが、さてどうなりますやら。


<前の2件  .. 4 5 6 7 8..  次の2件>

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。