兼業主婦の楽しむアフィリエイト

2013年02月08日

Exif情報削除に涙目だった1日 〜 みなさんは大丈夫?写真の元画像データとGPS情報

ゲームについて書くブログを最近立ち上げたんですが、3DSで撮った写真(というかプレイ中の画像)をブログにアップしようと思ったときにあることを思い出したんです。

・・・Exif情報ってあったよな・・・

3DSにもしGPS機能がついてたら、Exif情報消してからアップしないと自宅モロバレなんじゃない??

早速、調査開始。最初に辿りついた記事はこちら↓

写真から住所や顔がバレバレ?ExifのGPS情報とサムネイルに気をつけよう(memobits)

iPhoneで位置情報付きの写真を撮ってSNSにアップして住所バレバレ、みたいなのは聞いたことがあったのですが、モザイクかけたはずがExif情報のサムネイルが残っていて元画像丸見えということもあるそうです。

だよね。やばいよね。
Exif情報で元画像丸見えとかもあるんだ・・・。

そういえば、カメラきょねん新調したんだ。あれもGPSついてたらどうしよ。

と、それはもうおそろしくなって、3DSとLX5(去年買ったカメラ)のGPS機能の有無を調べたのですよ。で、大丈夫でした、どちらもGPS機能ないようです。よかった、ホッ。

(ただ、GPS機能はいまやスマホだけのものではなくなっているようで、デジカメにもついてるのがあるっぽいので気になる人は調べてみた方がよさそうですよ。)

さて、GPS機能がなかったのはとりあえずよかったんですが、次は、元画像データの件が気になってきました。写真を加工するソフトによっては、サムネイルは加工後の情報が上書きされず元画像のままっていうのがあるんだそうな。

ふだんは、写真の加工といってもリサイズ(サイズ変更)くらいしかしませんが、たまに切り取って一部だけ使うとかしてるんですよね(顔が写ってる写真とか)。元のが見えたら困る。

というわけで調査継続。

公開画像のExif情報にご注意!「JPEG Cleaner」と「JpegAnalyzer Plus」(INTERNET Watch)
撮影時に写真へ記録される「Exif情報」と削除方法について(道すがら講堂)

ふむふむ。Exifデータを見られるソフトがあるのだな。
早速ダウンロードして確認。

・・・

がーん。。。元画像丸見えでした。
画像ファイルは表示されているアイコンを大きくするとサムネイルっぽいのが見えますが、どうやらあれはExifにあるサムネイル画像ではなく、写真本体の縮小版のようです。写真ファイルのアイコンが加工後写真になっていても安心してはいけません。

わたし、加工といってもほとんどリサイズと切り取りくらいしかしないので、ふだんは「ペイント」を使ってるんですよね。どうやらペイントはサムネイル上書きしてくれないらしい(わたしが使っているバージョンは「6.0」のようです。バージョンが違えば違うかもしれません)。稀に「GIMP」を使うこともありますが、GIMPで加工した写真のExifのサムネイル画像は加工後のが上書きされてました。

はーもう覚悟を決めて、ブログにアップした全写真をチェックするしかありませんな・・・。

ということで、やりましたよ。
全写真をチェックして、縮小以外の加工をした写真をピックアップして、Exif情報を消すソフトでデータ消去して、再度アップロード。疲れた。ぐぐったりも含めて10時間ほどかかったでしょうか。

まぁとりあえず。
GPS情報がなかったのはとにかくよかった。そして、元画像の件も知ることができてよかった。と思いました。

以下、関連ソフトについて少しだけ書いておきます。

Exif情報を確認するためのソフト

JpegAnalyzer Plus
Exif Reader

2つとも試してみました。どちらでもサムネイル画像を確認することが出来ますが、「JpegAnalyzer Plus」の方がサムネイルの全体像を見やすいです。

※ 「JpegAnalyzer Plus」でサムネイルを見るには、1箇所設定が必要。「設定」>「ファイル読取り直後の画面設定」>「サムネイル」にチェックを入れます。また、「ツール」>「サムネイル」で表示方法を変更することが可能です。

Exif情報を消すためのソフト

JPEG Cleaner
ExifEraser

先に「JPEG Cleaner」を入れて使ってみたのですが、複数写真の一括データ消去のやりかたがわからなかったので(よく調べたらあるかもしれませんが、この段階はパパっと済ませたかったので)、「ExifEraser」も入れました。ExifEraserでは、複数写真を選択→ExifEraserまで運んでポイ(ドラッグ&ドロップ)で一括処理できました。



2013年01月20日

SeesaaブログにGoogle AdSenseの検索ボックスを貼ったら文字化けしたので対処法を調べた。

【1】 エンコードをチェック。

新しい検索ボックスを作るときに適当なテンションで「Unicode」を選んでしまいましたが、そういえば、ブログとエンコードをあわせなきゃいけませんでした。Seesaaブログのエンコードは「Shift_JIS」です。

【2】、、、エンコードちゃんとしても文字化けするんすけど、、、

対処法調べたら、ありました。

なんだかよくわからないけど(管理画面のバグ?)、以下のようにタグを修正するといいようです。確かにこれで文字化けしなくなりました。

以下のようにコードを変更して表示していただきますようお願いいたします。
通常広告コード改変はポリシー違反となりますが、今回の場合、特別措置とさせていただきます。

× <form action="http://www.google.co.jp" id="cse-search-box">
○ <form action="http://www.google.co.jp/cse" id="cse-search-box">

検索向けAdSense 結果がおかしい(Googleプロダクトフォーラム) より。

<前の2件  .. 5 6 7 8 9..  次の2件>

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。